本当に株式会社なのか

株式会社の設立にはいろいろなメリットがあります。ただし、メリットだけでなく、デメリットについてもしっかり考える必要があります。デメリットのことを考えると、あなたは敢えて株式会社の設立は必要ないということになるかもしれません。

株式会社設立をした人たちは、一番社会保険料を抽出することが厳しいと言います。株式会社の設立によって従業員を雇うことで、コストは、間違いなく倍増化してしまうことになります。法人税の均等割にも従う必要があり、赤字であったとしても、年間7万円を納める必要が出てきます。

社長の給料は1年間変更できなかったり、源泉徴収の納付や各種保険の手続きなど、株式会社の設立によって、必要な手続きがどんどん増えてしまうことになります。株式会社の設立でなくても、個人事業主という選択肢もあり、まだ売上げや利益の計画性に確実な見込みがないケースなどにおいて、株式会社ではなく、そのような選択肢もあるということを覚えておきましょう。更に、株式会社でなくても、より費用が安く済む合同会社という選択もあります。

個人事業主、合同会社、そして、株式会社をしっかり比較して決定するようにしたいものです。次は、株式会社の設立に必要な費用です。