税理士というプロ

株式会社の設立で税理士にお願いする人たちもいます。税理士にお願いするメリットは一体どこにあるのでしょうか。実際に、株式会社の設立は自分でというモチベーションも正しいのかもしれませんが、一番手っ取り早い方法は、ズバリ、士業に依頼することです。彼らは、プロフェッショナルなので、とても頼りがいのある人たちです。

推奨リンク≪アディーレ会計事務所 – 会社設立代行相談≫

一定規模の会社組織の設立となると、手続きも煩雑なので、自分一人でしなければならない不安は、彼らをサポーターにすることで間違いなく解消されるはずです。しかし、それぞれの士業には役割というものが存在して、法人登記に関しては司法書士ということになり、自治体役所への手続きは行政書士ということになります。

税理士という人たちは、もちろん税に対してのプロフェッショナルということになります。税理士に、株式会社の設立サポートをお願いすれば、税務署への届出をもちろんしてもらうことが出来ますし、会社設立時の判断選択が後々の納税に大きな影響を与えることになり、そのためにも、税理士にお願いするという意味合いには大きなメリットがあります。

税理士というプロフェッショナルを、ただ、届出の代行と考えるのは間違いなのかもしれません。

税理士というプロフェッショナルにお願いすることは、単に、届出の代行という意味合いではなく、税金に関してより適切な取り扱いを行うことが出来、有利な節税の効果を生み出せる選択が出来るというノウハウ・テクニックを、税理士がしっかり教えてくれます。いろいろなプロフェッショナルに、株式会社設立のサポートをしてもらうことが出来るのかもしれませんが、税金問題をサポートすることが出来るのは、やっぱり税理士のみということになります。

自分でそれを行うか、税理士がやるか、その違いです。そして、株式会社の設立の場合、税金問題を彼らにお願いしようと決めたとき多くのケースでは後の顧問契約まで含めて依頼するケースが大変多いです。株式会社の設立時には、そのような意識を持つことで、設立時の手数料を割り引きしてもらうことが出来るなど、メリットを得ることが出来ます。

株式会社の設立費用

株式会社の設立には、どの程度の費用がかかるものなのかも、しっかり知らねばならないことです。まず、資本金が必要になりますが、この資本金とは別に、登記手数料など合計25万円ほどの費用が必要です。(定款に貼る収入印紙代が4万円。定款の認証時に公証人に払う手数料が5万円、登記手続きに必要な定款の謄本手数料の約2000円、登記手続きの際の登録免許税として最低15万円)株式会社の設立、準備にかかった費用などは、会社の経費として算入することができますので、後々まで領収書などはしっかり保管しておくようにしましょう。

しかし、株式会社の設立って自分で出来るものでしょうか。本気で頑張れば、出来ないことはないという感じもありますが、しかしほとんどの方々が、はじめての株式会社の設立の体験でしょうし、そのような人たちにとって、耳慣れない書類を用意したりする必要がありますし、役員の配置を決める機関設計や株主の構成など、慣れない体験のオンパレードなのです。

次々躓いていては、どんなに時間があっても足らないと言うことになってしまうかもしれません。インターネットで調査をしても、株式会社の設立の方法は、ある程度理解出来るのかもしれませんが、本当にインターネットの情報だけで大丈夫なのでしょうか。

本当に株式会社なのか

株式会社の設立にはいろいろなメリットがあります。ただし、メリットだけでなく、デメリットについてもしっかり考える必要があります。デメリットのことを考えると、あなたは敢えて株式会社の設立は必要ないということになるかもしれません。

株式会社設立をした人たちは、一番社会保険料を抽出することが厳しいと言います。株式会社の設立によって従業員を雇うことで、コストは、間違いなく倍増化してしまうことになります。法人税の均等割にも従う必要があり、赤字であったとしても、年間7万円を納める必要が出てきます。

社長の給料は1年間変更できなかったり、源泉徴収の納付や各種保険の手続きなど、株式会社の設立によって、必要な手続きがどんどん増えてしまうことになります。株式会社の設立でなくても、個人事業主という選択肢もあり、まだ売上げや利益の計画性に確実な見込みがないケースなどにおいて、株式会社ではなく、そのような選択肢もあるということを覚えておきましょう。更に、株式会社でなくても、より費用が安く済む合同会社という選択もあります。

個人事業主、合同会社、そして、株式会社をしっかり比較して決定するようにしたいものです。次は、株式会社の設立に必要な費用です。

株式会社設立

今会社設立をしようと思っている人たちがいます。会社を設立するってとても面倒くさいことだと、多くの人たちが考えていることでしょう。個人事業主としてフリーランスで活動している人たちも、将来は、株式会社の設立を意識して行動しているのではないでしょうか。

でも、まずは、株式会社の設立のノウハウを知る必要があります。実際に、ノウハウがわかれば、一週間程度時間があれば、設立は出来てしまうものかもしれません。実際に、その程度で株式会社を設立する人たちもいます。

まず、みなさんが最初に考えるべきことは、実際に株式会社を設立するべきか否かという問題です。あなたにとって、株式会社の設立のメリットってなんなのでしょうか。独立イコール、株式会社の設立と考えるのなら、ちょっとそれは安易なモチベーション過ぎるのかもしれません。

そこでみなさんに考えていただきたいのは、株式会社の設立のメリットです。株式会社の設立によって、信用度がアップすることになります。法人でなければ、取引を積極的にしてくれようとしない銀行も多くあります。そして、株式会社の設立によって、節税の選択肢が俄然広くなると考えることが出来ます。

そのような方法によって、個人事業の時は経費として認められなかったものが、経費として認められるケースが出て来ます。次に、所得税と法人税のバランスを見て手元に残るお金を最大化できるのも、株式会社の設立の方なのです。当サイトでさらに詳しく解説いたします。